失業保険受給中に検討したい、これから伸びる業種、クリエイターとは!?

失業保険受給中に検討したい、これから伸びる業種のクリエイターについて

近年の再就職の傾向として、クリエイターを目指す人が増えています。
SNS等を利用していると、情報発信をしているクリエイターさんをよく見かけるようにもなりました。
たくさん存在するということは、それだけ魅力的な業界であることが理解できるでしょう。
今回は、再就職先としてクリエイターを選択することについてご説明します。



再就職でクリエイターが選ばれる理由とは?

クリエイターとは、一般的にデザイナーやアーティスト、プロデュ―サーのような職業の人たちを示します。
近年、注目を浴びているライターも、この中に入ります。
ところで、再就職でクリエイターが選ばれている理由には、一体何が挙げられるのでしょうか?

  1. 機械化が難しい職種であること
  2. YouTube等の動画参入者が増えニーズが高まっていること

クリエイター職は、表立って活躍することが全てではありません。
2つの視点から、注目されている理由をご説明します。

①機械化が難しい職種であること

クリエイター関連の職は、基本的に人間の感性に則って仕事を行っています。
つまり、現在注目されているAIのような存在とは、真逆の仕事になりますよね。
AI等の活用により、私たちの生活は一気に便利になりつつあります。

ですが、人間の感性をAIはマネすることができても、個性的に生み出すことはできません。
AIが生み出した作品について報道されていましたが、それらのほとんどは過去の作品データを基に作成された内容でしたよね。
どのような業務であっても、「その人らしさ」がメインになるのです。

そのため、どんどん技術面が進歩したとしても、クリエイターの仕事がなくなる事態はないと言って良いでしょう。
そうなると、手に仕事をつけるという意味では、確実性の高い仕事になりますよね。
AIに取られない仕事と考えると、伸びしろのある業界であることが理解できるでしょう。
まさに、人間が主体となっている業種だと言い表せますね。

②YouTube等の動画参入者が増えニーズが高まっていること

もう一つの視点は、主に裏方業のニーズが高くなっていることです。
ここで言うクリエイター職の裏方業とは、例えば「動画編集」の仕事が挙げられるでしょう。
動画編集と聞いた時、気づく人もいますよね。
YouTubeの利用率の増加が、クリエイターの仕事の増加に良い影響をもたらしているのです。

特に、最近のYouTubeは、一般人だけでなく、企業や芸能人も参加して情報を発信していますよね。
その中には、自分で編集まで行っている人もいれば、撮影した後の動画編集を外注して作成してもらっている人もいるのです。
プロに任せると、素人編集とのクオリティーが違ってきますから、動画の再生回数のアップも期待できるでしょう。

また、技術の進歩や作品を発表する場が増えていることも、業界への注目度が高くなっている理由の一つにあります。
自分がメインになる、そうでない場合であっても、「公開する」ための技術は必須ですよね。
その結果、最終先の候補として選ばれやすい状況になっているのです。

このように、コロナ禍を境目として裏方ニーズが高まっています。
該当する作業ができる場合には、仕事が確実に得られることに間違いありません。

再就職でクリエイターを目指すなら、転職サイト・転職エージェントを利用してみよう!

再就職先の候補として、クリエイターが魅力的に映った人もいるでしょう。
ですが、自分の力で再就職できるか不安な人もいますよね。
そのような人は、転職サイト・転職エージェントの力を借りてみてはいかがでしょうか?
これらを利用するメリットは、2つあります。

  1. 志望業界の求人をピンポイントで確認できる
  2. 志望業界が未経験でも安心して探すことができる

再就職は、ハードルが高くなると思いがちです。
その結果、中々次の職場が見つからないということもよくありますから、短期決戦するためにも知っておきましょう。

①志望業界の求人をピンポイントで確認できる

特に転職サイトの場合、業界ごとに求人が公開されています。
そのため、自分の希望に応じた業界の求人を、すぐに確認することができますから、短時間で絞り込むことができますよね。
また、転職サイトによって掲載している企業が違うことがありますから、比較して自分に合った職場を探すことができるでしょう。

企業への志望度はともかく、どのような条件の企業があるのかをとりあえず確認したい場合には、一度目を通しておくべきです。

②志望業界が未経験でも安心して探すことができる

2つ目のメリットは、どちらにも共通することですが、未経験の業界でも挑戦できることです。
再就職をきっかけに、新しい環境や業務に取り組みたいと考える人もいますよね。
その後押しをしてくれる存在になりますから、未経験だからと諦めることはありません。

特に、転職エージェントの場合はアドバイザーがつき、再就職のサポートを完璧に行ってくれます。
再就職にあたり、何から始めて良いのか分からない人でも、相談すると次の行動が見えてきますよね。
まさに、二人三脚で再就職を実現できるでしょう。

失業保険の受給を受けている期間が長くなるにつれて、就職への焦りがどうしても出てきます。
焦らずに行動できるようなサポートは、1人で行動していると中々得られないですよね。
クリエイター職の再就職に向けて不安があると感じているならば、是非利用することを検討してみて下さい。



各業界の今後について

エントリーシートを作成前の準備編 - 不動産業界のこれからはどうなってくる!?
不動産業界の現状と将来性不動産業界と聞くと、みなさんはどのような仕事をイメージしますか?例えば、賃貸物件の管理や街づくりのための開発業務をイメージする...

エントリーシートを作成前の準備編 - 教育業界のこれからはどうなってくる!?
教育業界の現状を読み解く教育業界は、他業界と比べると始業規模が小さい特徴があります。そのため、業界トップや有名企業と聞くと、代表的な企業名が絞られやす...

エントリーシートを作成前の準備編 - 飲食業界のこれからはどうなってくる!?
現在の飲食業界の状況は?現在の飲食業界は、コロナ禍で大ダメージを受けています。飲食業界は、私たちの「食生活」に密接に関係する業界です。しかし、非常事態...

エントリーシートを作成前の準備編 - 建設業界のこれからはどうなってくる!?
建設業界の今はどうなっているの?建設業界は、コロナの影響があっても業績が良好な業界になります。確かに、感染拡大の影響で仕事がストップすることもあったで...

エントリーシートを作成前の準備編 - アパレル業界のこれからはどうなってくる!?
アパレル業界の現状に迫るファッションに興味のある人にとって、アパレル業界は夢の業界です。煌びやかなイメージが強い一方で、様々な状況により、大きな変化が...

エントリーシートを作成前の準備編 - 保険業界のこれからはどうなってくる!?
保険業界の現状や今後はどうなのか?保険業界は、生命保険と損害保険の2つの分野に分けられます。どちらも、日常生活で起こり得るリスクに対応できる内容です。...

エントリーシートを作成前の準備編 - 通信業界のこれからはどうなってくる!?
通信業界の現状を確認しよう通信業界は、私たちが日頃利用している、インターネット回線やスマホのサービスを提供している業界になります。これらのサービスは、...

エントリーシートを作成前の準備編 - 製造業界のこれからはどうなってくる!?
製造業界の現状と特徴製造業界の仕事と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?代表例として、「ものづくり」が思い浮かぶでしょう。しかし、製造業界の仕事は...

エントリーシートを作成前の準備編 - 医療業界のこれからはどうなってくる!?
医療業界の現在の特徴を解説医療業界は、高齢化社会の影響も相まって、引き続き人気の高い業界です。また、医療は生きる根幹に関わってくる業界ですから、安定性...

エントリーシートを作成前の準備編 - 金融業界のこれからはどうなる!?
金融業界の将来性金融業界といえば、昔から志望者の多い人気の業界です。特に銀行は人気で、以前は銀行に入ることができれば勝ち組、安定している職業などといわ...

【エントリーシート準備編】IT業界の今後について
IT業界は今、どうなっているのかIT業界は、現在大きく発展しています。第三次産業革命ともいわれるほどで、IT業界の志望者もかなり多くなっています。その...
タイトルとURLをコピーしました