失業保険受給中に検討したい、これから伸びる業種、医療関連とは!?

失業保険受給中に検討したい、これから伸びる業種のクリエイターについて

まず、医療業界と聞いた時、みなさんはどのようなイメージを持ちますか?
業務が大変だ、キツイといった印象を持つ人もいるでしょう。
その一方で、長く働くことが実現できる業種だとプラスに考えている人もいますよね。
今回の記事では、これから医療関連が伸びていく理由と再就職先の探し方についてご紹介します。



医療関連がこれから伸びるのは何故?

医療関連の業種がこれから伸びる可能性がある理由は、3つあります。

  1. 社会ニーズに対応している業界であること
  2. ICTの活用や働き方の見直しが行われつつあること
  3. 前職スキルを活かせる仕事があること

医療関連の職場は、現在変わりつつあります。
みなさんが抱いているマイナスイメージを覆すような内容もありますから、伸びる業種である理由が分かりますよ!

①社会ニーズに対応している業界であること

医療関連は、人間が生きていく上で欠かせない業種になります。
そのため、業界自体がなくなってしまうことはあり得ませんから、将来的に考えても安定性があると考えることができますよね。
さらに、業種の中には国家資格の取得が前提になっているものもありますから、給料面に関しても満足できる部分があるでしょう。

仕事をするには様々なスキルが求められますが、医療関連の資格は一度取得すれば、何度でも活用できます。
さらに、資格の有無に関わらず、ブランクがあっても職場を探しやすい職種もありますから、再就職先も早めに見つけられますよね。
この部分は、他の業種では中々見られない内容になるでしょう。

②ICTの活用や働き方の見直しが行われつつあること

2つ目の理由は、昔の医療関連の職場と違ってICTの活用が進み、同時に働き方等の見直しがされていることです。
近年は、業務の効率化等の理由からICT活用が進んでいますので、働きやすさが変化していますよね。
このことは、臨床現場だけでなく、医療事務のような職種でも導入されていますから、アナログ的なイメージが変わるでしょう。

また、給料設定や勤務時間等の働き方の見直しを行っている職場も少なくありません。
ニーズがあるにも関わらず、長年人手不足で苦しんでいる理由は、働き方にあると言っても過言ではありませんよね。
ネックとなっている部分が改善されると、現在存在している様々な問題の解決にも繋がります。

特に「働きやすい環境を探している」人ならば、検討すべき業種になるでしょう。

③前職スキルを活かせる仕事があること

最後にご紹介する理由は、他業種のスキルも十分に活かせることです。
医療関連業種は、どうしても医療知識、専門性を持っていないといけないと思いがちですよね。
確かに、専門知識は大切ですが、それだけで業務が成立する訳ではありません。
例えば、営業職で培ったコミュニケーションスキルは、患者や顧客との意思疎通に活かすことができますよね。

前職スキルが無駄になるということは、全くありません。
他業種でも再就職が実現できている人は、このことを意識して行動しているのです。
医療関連の業種は様々ですから、職場環境だけでなく「業務」との相性も関わってきますよね。
色々な企業や業務をリサーチしてみることをお勧めします。

医療関連でピッタリの再就職先を見つけるには?

前職スキルを活かしつつも、医療関連で再就職を実現するには、転職サイトや転職エージェントを利用してみましょう。
特に、前職での経験を活かしたいと考えている人は、絶対に利用すべきです。
なぜかと言うと、次のメリットがあるからです。

  1. 自分のキャリアを踏まえた上で職場を探すことができる
  2. 希望勤務エリアの絞り込みがしやすい

それぞれの内容を見てみましょう。

①自分のキャリアを踏まえた上で職場を探すことができる

再就職を検討する際に、資格の有無等が影響してくる場合がありますよね。
また、自分のキャリア的にどのあたりがベストなのかと気になる人もいるでしょう。
そのような時は、転職エージェントを利用すると、アドバイザーが健司アのキャリアを把握した上でのアドバイスをしてくれます。
さらに、今後どのようなキャリア形成を望んでいるのかも相談しておくと、その条件に合った職場を一緒に探してくれるでしょう。

いくら未経験で再就職をするにしても、今までの経験を0にしてしまうのはもったいないですよね。
自分の力量を確認することができるのは、アドバイザーがいることの大きなメリットになるでしょう。

②希望勤務エリアの絞り込みがしやすい

また、転職サイト・転職エージェントを利用すると、それぞれ希望する職場のエリアを絞り込むことができるメリットがあります。
例えば、転職サイトだと地方求人が多い、転職エージェントの場合は都市部の求人が多いといった特徴が挙げられます。
勤務予定のエリアがある程度決まっている場合には、闇雲に探すよりも効率よく候補を見つけることができますよね。

上記のメリットは、再就職をきっかけに引っ越す予定がある人でも対象になります。
一言で求人を探すと言っても、企業規模等で膨大な数が検索すると出てきますから、情報の精査に時間がかかることが予想できますよね。
「どの場所で働きたいか」が明確に定まっている人は、再就職探しの前提条件を1つクリアすることになります。

医療関連の人手不足により情報が錯綜し、捜してみてもどの求人が良いのか迷ってしまう人は、上記のサポートを活用しながら再就職先を選んでみて下さいね。



各業界の今後について

エントリーシートを作成前の準備編 - 不動産業界のこれからはどうなってくる!?
不動産業界の現状と将来性不動産業界と聞くと、みなさんはどのような仕事をイメージしますか?例えば、賃貸物件の管理や街づくりのための開発業務をイメージする...

エントリーシートを作成前の準備編 - 教育業界のこれからはどうなってくる!?
教育業界の現状を読み解く教育業界は、他業界と比べると始業規模が小さい特徴があります。そのため、業界トップや有名企業と聞くと、代表的な企業名が絞られやす...

エントリーシートを作成前の準備編 - 飲食業界のこれからはどうなってくる!?
現在の飲食業界の状況は?現在の飲食業界は、コロナ禍で大ダメージを受けています。飲食業界は、私たちの「食生活」に密接に関係する業界です。しかし、非常事態...

エントリーシートを作成前の準備編 - 建設業界のこれからはどうなってくる!?
建設業界の今はどうなっているの?建設業界は、コロナの影響があっても業績が良好な業界になります。確かに、感染拡大の影響で仕事がストップすることもあったで...

エントリーシートを作成前の準備編 - アパレル業界のこれからはどうなってくる!?
アパレル業界の現状に迫るファッションに興味のある人にとって、アパレル業界は夢の業界です。煌びやかなイメージが強い一方で、様々な状況により、大きな変化が...

エントリーシートを作成前の準備編 - 保険業界のこれからはどうなってくる!?
保険業界の現状や今後はどうなのか?保険業界は、生命保険と損害保険の2つの分野に分けられます。どちらも、日常生活で起こり得るリスクに対応できる内容です。...

エントリーシートを作成前の準備編 - 通信業界のこれからはどうなってくる!?
通信業界の現状を確認しよう通信業界は、私たちが日頃利用している、インターネット回線やスマホのサービスを提供している業界になります。これらのサービスは、...

エントリーシートを作成前の準備編 - 製造業界のこれからはどうなってくる!?
製造業界の現状と特徴製造業界の仕事と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?代表例として、「ものづくり」が思い浮かぶでしょう。しかし、製造業界の仕事は...

エントリーシートを作成前の準備編 - 医療業界のこれからはどうなってくる!?
医療業界の現在の特徴を解説医療業界は、高齢化社会の影響も相まって、引き続き人気の高い業界です。また、医療は生きる根幹に関わってくる業界ですから、安定性...

エントリーシートを作成前の準備編 - 金融業界のこれからはどうなる!?
金融業界の将来性金融業界といえば、昔から志望者の多い人気の業界です。特に銀行は人気で、以前は銀行に入ることができれば勝ち組、安定している職業などといわ...

【エントリーシート準備編】IT業界の今後について
IT業界は今、どうなっているのかIT業界は、現在大きく発展しています。第三次産業革命ともいわれるほどで、IT業界の志望者もかなり多くなっています。その...
タイトルとURLをコピーしました