【転職の不安や疑問】未経験からITエンジニアになることはできますか?

ITエンジニアの職務経験がないけど、「IT業界に転職にしたい」と思っている方へ、未経験でもITエンジニアにはなれるのでしょうか?

結論、なれます!

そのために、こちらでは、ITエンジニアの転職事情について解説します。



ITエンジニアには、主に4種類の職種があります!

IT業界に転職するにあたり、ITエンジニアという名称を聞いたことがある、という人は多いのではないでしょうか?

ただ、ITエンジニアが具体的にどんな仕事をするのか、詳細を知らなかったり、イメージがわかなかったりする人もいるでしょう。

実は、ITエンジニアとは、特定の職種を指す名称ではありません。

情報技術の技術者の総称なのです。

そのため、例えば、プログラマーやシステムエンジニアなどは、ITエンジニアに含まれる職種となります。

ここでは、ITエンジニアに含まれる職種の中から、代表的なものを4つ解説します。
ITエンジニアへの転職を考えている人は、目指す職種を決める際に参考にしてください。

プログラマー

プログラマーは、Javaなどのプログラム言語を使ってシステム開発を行うのが仕事です。

プロジェクトにより使用するプログラム言語が異なるため、場合によっては、新たな言語を覚えなければならないこともあります。

プログラミングしたのに動作しない、バグが起きるということがないよう、プログラマーには正確性も求められます。

また、コンピューターに関する基本的な知識を身に付ける必要もあります。

システムエンジニア

システムエンジニアは、クライアント(お客様)からの要望を聞いたうえで、システムの設計を行うのが仕事です。

設計の内容が決まったら、仕様書と呼ばれる設計図を作成します。

作成した仕様書を基にプログラマーがプログラムを作っていくため、システムエンジニアもプログラムの知識が求められます。

また、顧客とのやり取りを行うことになるため、コミュニケーションスキルが要求されるのが特徴です。

ネットワークエンジニア

サーバーと端末、あるいはサーバー同士をつなぎ、ネットワークの設計や構築、運用、保守を行うのが、ネットワークエンジニアです。

ケーブルやルーターといった実機に触れる機会も多く、回線の設置やルーターやスイッチの設定など、物理的な作業もあります。

ネットワークエンジニアは、サーバーやDNS、メール等の知識が求められます。

それだけでなく、近年では、クラウドの普及に伴いクラウドサーバー向けにスクリプトを書く機会も増えたので、JavaやPython、PHPなどの言語の知識も必要です。

また、セキュリティに関する知識も必要とされます。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバーを一から構築・設計し、管理・保守を行います。

ネットワークインフラの知識も必要になる職種のため、ネットワークエンジニアと似ているように思うかもしれませんが、サーバーに特化しているのがサーバーエンジニアです。

LinuxやUNIX、WindowsなどのサーバーOSに関する知識や、サーバーやデータベース、運用管理ツールといったミドルウェアに関する知識も必要になります。

また、ネットワークエンジニアと同様、実機に触れる機会も多く、サーバー機器をラックに設置したり、サーバーと他の機器とケーブルでつないだりといった物理的な作業も行います。

ITエンジニアを未経験から目指すのに必要なこと

未経験者がITエンジニアを目指す場合、

「知識がまるっきりなくても大丈夫?」
「ITエンジニアとしての実務経験はないけれど、採用の可能性はある?」
「自分の年齢でも、ITエンジニアに未経験から転職できる?」

といったことが気になるでしょう。
未経験者がITエンジニアを目指すにはどうすれば良いのか、詳細を解説します。

1.自分の年齢でも求人があるか調べる

未経験からITエンジニアを目指したい!と思い会社を辞めても、求人がなければ路頭に迷ってしまいます。
そうならないためにも、自分の年齢で未経験からITエンジニアを目指せる求人があるのか確認しましょう。

未経験からの求人は、30代よりも20代の方が多くあります*¹。
*¹ 厚生労働省:令和2年雇用動向調査結果の概況

自分の年齢で、未経験者にも門戸を広げている求人があるのか調べることが大切です。

2.必要となる知識や資格を知る

なりたいITエンジニアの職種が決まったら、知識を学びましょう。
ITエンジニアの求人は、一定のスキルや知識が必要とされるケースがあります。
「未経験可」と書いてあっても、知識ゼロでもOKとしていないことがあるのです。

そのため、独学でも良いので、職種ごとに必要とされる知識を勉強しましょう。
独学が不安なら、スクールで学ぶのも一つの方法です。

必要な知識を身に付けたら、基本情報技術者やCCNAなど専門のIT系資格を取得すると良いでしょう。
取得することで、一定レベルのITスキルがあることをアピールできます。

3.専門の転職エージェントの活用を視野に入れる

上で説明した①と②を実践したものの、

  • 未経験OKの求人が見つからない
  • ITエンジニアになるための勉強の時間が取れない

という人もいるでしょう。
その場合には、専門の転職エージェントを活用することをお勧めします。

多くの転職エージェントがありますが、その中でも

  • IT業界に強い
  • ITエンジニア未経験者の転職実績が多い

エージェントを選びましょう。

例えば、「はじめてのエンジニア」は、他の業界・職種からITエンジニアに転職した実績が多いエージェントで、人物重視の採用企業を紹介するのが特徴です。

最後に

IT業界では長期的な人材不足が予想されているため*²、今後も求人が増える可能性が高いと考えられています。
*² 経済産業省:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

ただし、ITエンジニアの場合、未経験OKと書かれていても、実際には相応の知識とスキルが必要になるケースがあります。

もしも知識もスキルも全くないまま転職を考えているのであれば、「はじめてのエンジニア」のように、未経験のITエンジニア転職に力を入れているエージェントを活用し、転職活動を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました