資産運用型保険 – 低解約返戻金型終身保険

保険と聞いて思い浮かぶのが生命保険ではないでしょうか?
病気になった時、怪我をした時などに利用するものとして、馴染みがある人も多いでしょう。
その生命保険の中にもいくつかの種類があるのですが、そのうちの1つに低解約返戻金型終身保険というものがあります。
資産運用型保険の1つですが、具体的にはどのような保険なのでしょうか?
低解約返戻金型型終身保険について、解説します。



低解約返戻金型終身保険とは?

生命保険にはいくつかの種類があり、その中には契約期間による違いもあります。
60歳など一定年齢まで加入できる保険と、一生涯加入し続ける保険です。
一生涯加入し続ける保険のことを、終身保険と言います。

また、解約時の扱いによっても異なります。
掛け捨て型の保険は解約時の返戻金がないのですが、養老保険のように保険と貯蓄を兼ねていて、解約時に返戻金を受け取ることができるものもあります。

この解約時返戻金は、通常は払い込んだ保険料の合計額よりも低くなります。
満期を迎えた場合と比較すると、返戻率が低くなっているのです。
そして、解約時返戻金を特に低く設定している終身保険が、低解約返戻金終身保険です。

途中で解約すると返戻金が低くなる代わりに、保険料は割安です。
その代わり、払い込みを完了した後の解約返戻金は大きくなります。
この保険は、子どもの教育資金や老後資金の備えとして加入する人が増えています。

低解約返戻金型終身保険のメリットとデメリット

この保険に加入するメリットとして、保障を一生受けられる保険でありながら保険料の負担を抑えることができるという点があります。
そして、途中で解約しなければ、返戻率は通常の終身保険と変わらない水準となります。
そのため、将来に向けた貯蓄にもなるのです。
保険料の払込は一定の年齢になると完了するため、それまでに解約せず続けられれば通常の終身保険よりも得をするでしょう。

しかし、万が一保険料の払込をしている期間に解約することとなってしまった場合は、解約返戻金が通常よりも少なくなってしまいます。
少なくとも、それまでに支払った保険料の総額よりも少ない金額となるでしょう。

そのこともあって、途中で保険を見直そうと思っても難しいのです。
新しい保険に切り替えるにはもともと加入している保険を解約することになりますが、その際に受け取ることができる解約返戻金が少ないため損をすることになるでしょう。

最後に

低解約返戻金型終身保険は、保険料を抑えて一生涯の保証を受け、貯蓄もしたいという方に向いている保険です。
その代わり、契約期間が満了する前に解約することになった場合は解約時返戻金が少なくなってしまうため、契約満了まで加入し続けられるという人でなければ難しいでしょう。
加入を検討する際は、保険料の支払いに無理がないかよく考えてからにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました